ウォーターサーバーイメージ

赤ちゃんとの3人家族、ウォーターサーバーは便利です

みなさんはウォーターサーバーをご存知でしょうか。
ウォーターサーバーとは、冷水熱水器具のことで、専用の大きなペットボトルを設置すれば瞬時に冷水でも温水でも出せる機械のことです。
ウォーターサーバーのメリットこちらも参考にご覧ください。
専用のボトルは我が家では12リットルのものを使っていますが、これは現在では最も一般的な大きさです。
日本でも都心部では塩素の臭いやマンションでの貯水槽に不安をもって飲み水を購入する家庭が増えています。
スーパーでもたくさんの種類のミネラルウォーターが並び、購入する人も多いですが、飲み水だけでなく、料理にも使おうと思うと2リットルのペットボトルでもかなりの量になりますね。
空のペットボトルの置き場を考えれば、少し我慢して、料理には水道水を使おうかという人もいるかと思います。
しかし、ウォーターサーバーなら、そういった心配はありません。
水の入った大きなボトルは定期的に業者が玄関まで運んでくれますし、空きボトルを回収するタイプのものを選べば、次の配達時に回収をしてくれます。
一ヶ月に使用するボトルは家庭によって違いますが、お願いすれば何度でも持ってきてもらえるので便利です。
3人家族の我が家の場合、料理にも使って、月に4本くらいです。
ウォーターサーバーの種類はいろいろとあります。
サーバーを買い取るタイプとレンタルするタイプがあり、我が家はレンタルのタイプを使っています。
ちなみにレンタル料は無料です。
また、水の入っている大きなボトルも回収するタイプか、こちらでリサイクルに出して良いタイプかに分かれます。
我が家は、回収しない、リサイクル出来るタイプです。
ひねって簡単に小さく潰せますので、便利です。
実はこの、ボトルがリサイクルして良いタイプというのが、たくさんある会社の中で決めてとなりました。
うちはとても狭いので、次の配送まで空ボトルを置いておく場所がなかったのです。
ただ、大きな家に住んでいる友人は回収するタイプを利用しています。
何度も利用できるので、エコにもなりますよね。
また、どんな水が良いかによってもたくさんの会社から選ぶことが出来ます。
主に、原水に何の手も加えていないものがナチュラルミネラルウォーター、ミネラル分を人工的に整えたものをミネラルウォーターをよびます。
他に原水が地下水ではないものはボトルウォーターと呼ばれています。
我が家ではミネラルウォーターを頼んでいますが、充分まろやかで美味しいです。
ちなみにうちにあるものは足元でボトルを交換できるものです。
重いボトルを持ち上げる必要がなく、とても楽です。
また、定期配送料や、追加の分の配送料も無料ですし、故障しても無料で交換してもらえるので安心です。
子供が乳児の時には、ミルクを作るのにとても助かりました。
また、離乳食時でも、フリーズドライタイプのものを良い水で作れたのは安心でした。
ポットのお湯だとすぐになくなってしまいますし、子供には少しでも良いものを飲ませたかったので本当に設置して良かったです。
現在では、お風呂上りに冷たい水が飲みたい時に便利に使っています。
冷蔵庫がペットボトルに占領されないのも良いですね。
コーヒーを一杯だけ入れたい時も、美味しいコーヒーをすぐに入れられるので、急なお客様がいらしても安心です。
気になるウォーターサーバーのメンテナンス料金についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2009 water.com All Rights Reserved.