ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーは初回が0円になることについて

ウォーターサーバーは、水道会社が開発した一般家庭で使われている水道水の水や市販で売っているミネラルウォーターよりも浄化されている自動的に水を出すことができる機械で、昔は一般企業の会社や病院などに必ず一台は設置されておりましたが、最近では一般家庭に一台設置される時代となり多くの主婦が料理をする時に役立てています。
この機械を最初に契約する場合は、初回だけ月額料金が0円なのでお金を支払う必要はないし次の月に支払う予定になる月額料金の値段も2000円と格安なので金銭的にも優しいです。
ウォーターサーバーは赤と青二つのレバーが付いており、赤を押すとお茶やココアを入れたりすることができるお湯が出たり青を押すと喉が渇いた時に飲み水として使用できる冷たい水が出る仕組みとなっているため、そこが魅力で一年で100件くらいの家庭が水道会社と契約することがありますので、この機械は水道会社の業績に貢献していると断定できます。
水道会社がこの機械を作った年は2005年頃で、当時はまだミネラルウォーターだけが水の中で一番浄化されていましたが、ミネラルウォーターは飲み水なので他の目的に使用することが難しいと考えたのでタンクを使って自動的に水が出るサーバーの開発が行われおりました。
そしてペットボトルの水一つで冷水とお湯両方を出すことが可能なウォーターサーバーが完成しましたが、試作段階なので水道会社の社員がテストとして水を飲む必要があったため世間に発表されたの半年くらい先になりました。
そしてテストの結果は、味も良く水の温度も保たれていたので合格となり次の日から一般でサーバーの契約を開始したところ、契約した多くのお客様が口コミやレビューなどでサーバーに良い評価をしており、まだサーバーを契約していない他のお客様にもサーバーの契約の勧誘をしてくれたので二年くらいでサーバーの契約者が1000人以上増える結果となりました。
ウォーターサーバーはでかいペットボトルの中にある水を使って冷水やお湯を出しているので、中が空になった時は新しいペットボトルが必要となり、方法としては水道会社に電話すれば5日くらいで一度に5本のペットボトルを持ってきてくれるので約一ヶ月は大丈夫です。
ウォーターサーバーを作っている水道会社は一つだけど、コマーシャルで宣伝しているスポンサーは結構多くどのスポンサーのサーバーを契約すればいいのか悩むことがありますが、使用されているサーバーは基本全部同じなので、スポンサーに関しては適当に選んでも問題はありません。
スポンサーによってはキャンペーンを実施する所もあるので、それが気になる方はキャンペーン中のスポンサーと契約しているサーバーをお勧めします。
一般家庭でサーバーが設置されている理由は、水道水にはカルキや細菌などの物質が含まれているので、それを飲み水や料理として使用した場合は下痢や腹痛の原因になるので、サーバーで使用される水に含まれている物質はほとんどないから、いくら水を飲んでも下痢や腹痛を起こすような症状は一つもないため、お腹のデリケートな方でも気にせずに水を飲むことが可能なので世間ではミネラルウォーターよりも高い評価を得ております。
また、ダイエットを補助するミネラルウォーターについての記事はとても興味深いですね。

Copyright(C) 2009 water.com All Rights Reserved.